ミルキーができるまで

「ミルキー」は、静岡県裾野市にある富士裾野工場で作られています。富士裾野工場は、1990年より操業を開始し、ミルキーのほかに、ホームパイなどを製造しています。
ここでは、「ママの味」ミルキーができるまでをご紹介します。ミルキーは「おかあさんの愛情や母乳のなつかしさ」を感じさせるお菓子を作りたいという創業者の夢からさまざまな研究を重ねて、昭和26年に発売されました。

1 調合・煮詰
練乳と砂糖・水アメを混ぜ合わせ、ミルキーのもとになるシロップを作ります。クッカーという機械に入れて、水分を調整し、ちょうど良い硬さになるように煮詰めていきます。
2 冷却・引飴
煮上ったら、薄くのばして冷やしていきます。のばしながらよく練ることで、真っ白でコクがあるミルキーになります。
3 成型
のばしたアメを機械に通し、1粒ずつにカットします。
6 個包装
1個1個包み紙に包装します。機械で、1分間に約900個のミルキーを包みます。
5 検査
金属検出機・X線検出機を使って、金属など異物が入っていないかをチェックします。
4 冷却
コロコロ転がりながら、おなじみのミルキーの丸い形になっていきます。
7 検査
包装不良がないかなど、検査員がきちんとチェックします。
8 包装
ペコちゃんの顔が印刷された袋や箱に機械でどんどんミルキーが詰められていきます。
9 出荷
ダンボールに詰めた後、トラックに積まれて、皆様の町に運ばれていきます。