ファミリーマークについて

ファミリーマークとは
戦後、洋菓子店やレストランの店舗数が急増し、また「ミルキー」などのヒット商品により発展してくると、全国どこでも一目見て不二家とわかるような特徴的なマークが必要になりました。
そこで1961年(昭和36年)に誕生したのが、アルファベットの「F」に楕円と花びらを組み合わせた、不二家の企業マーク「F(ファミリー)マーク」です。

デザイナー
デザインを担当したのは、フランス生まれでアメリカを中心に活躍し、20世紀を代表する産業デザイナーであるレイモンド・ローウィ氏です。
ローウィ氏は「口紅から機関車まで」というキャッチフレーズに表されるように、日用雑貨から工業機械に至るまで、様々な分野で商品のデザインを手がけました。
不二家の「ルック」チョコレートのゴシック調の「LOOK」ロゴも、ローウィ氏によるものです。

「F」 について
不二家のファミリーマークの「F」は、「FUJIYA」のFであるとともに、「Familiar(親しみやすい)」、「Flower(花)」、「Fantasy(夢)」、「Fresh(新鮮な)」、「Fancy(高級な、かわいらしい)」という5つの意味も表現した幸せのイニシャルです。

「美しくシンプルなデザインは長持ちする」というローウィ氏のデザイン哲学どおり、誕生から数十年を経た現代においても、古さを感じさせない美しいマークは、多くの不二家の製品や店舗のデザインを飾っています。

Page Top