ペコちゃんの森伝えていきたい自然 伝えていきたい家族の絆ペコちゃんの森とは?サイトマップ
  • ホーム
  • 森を育む活動
  • イベント
  • 投稿コーナー
  • 読み物
  • お楽しみ
  • 投稿コーナー
  • 募集メニュー
  • スマイル川柳
  • "スマイル"あいうえお作文
  • 笑顔の力(チカラ)エピソード
  • アニバーサリーエピソード
  • あいうえお作文
  • エッセイ
  • あいうえお作文 第5弾 「えがお」「おもい」
  • 総評
  • 優秀賞(8作品)
  • 特別賞(12作品)
  • あいうえお作文 第4弾 「おやこ」「みらい」
  • 総評
  • 優秀賞(10作品)
  • 特別賞(9作品)
バックナンバー(PDF)
  • あいうえお作文 第3弾 「きもち」「おかし」
  • あいうえお作文 第2弾 「ありがとう」
  • あいうえお作文 第1弾 「きずな」「ふじや」
上記の掲載データをご覧いただくためには、プラグインAdobe Readerが必要です。下記ボタンからダウンロードしてください。
Adobe Readerのダウンロード
あいうえお作文 〜 テーマは「家族」皆様よりいただいた作品をご紹介します 〜


あいうえお作文第5弾 応募ワード『えがお』もしくは『おもい』 入賞者発表

 2005年にスタートした「不二家ファミリー文化研究所 あいうえお作文」は、皆様のご応募に支えられ、今回で5回目を迎えることができました。

 5回目となる今回も「家族」をテーマとし、「えがお」もしくは「おもい」を使ったあいうえお作文を、皆様より募集しました。

 結果、2010年12月24日〜2011年1月24日の応募期間中に寄せられた作品は、前回を上回る合計1,470作品!
 ご応募してくださった皆様、本当にありがとうございました。

 全国の幅広い年代の方々から、いただいた作品の数々。
 それぞれの視点で綴られた「家族への想い」は、どれも素敵なものばかりでした。

 今回も審査の基準は、

  1. ファミリー文化研究所を支えるキーワードでもある、今回のテーマ「家族」に関係した内容であること
  2. 「えがお」「おもい」という3文字を冒頭に、効果的でユニークな言葉が使われていること
  3. 文章全体が作り出す世界に広がりがあること

 以上の3つを審査ポイントとさせていただきました。

 限られた文字数の中で、家族に対する感謝の想いが綴られた作品や、ジンとくるような心温まる作品、思わずクスリと笑ってしまうような作品など。

 作品の1つ1つから広がるストーリーや、伝わるメッセージは、審査員たちの胸を熱くし、審査は非常に難航しました。

 審査の結果、中でも秀逸だった8作品を優秀賞とし、さらに、特別賞として12作品を選出させていただきました。

 かけがえのない家族への想いやメッセージが込められた入賞作品を、ここにご紹介いたします。

 ご応募くださった皆様、そして、このホームページをご覧になっている皆様にとって、この公募が、「家族について考える小さなきっかけ」になることを、スタッフ一同願っています。

 


応募総数 1,470作品
※募集期間:2010年12月24日〜2011年1月24日

優秀賞
(8名)

「おもい」 ジョイフルケイコ 様 (大阪府・50代)

「えがお」 森田 聖一郎 様 (静岡県・50代)

「えがお」 齋藤 昌泰 様 (茨城県・10代)

「えがお」 森口 洋 様 (大阪府・30代)

「おもい」 大森 一男 様 (東京都・50代)

「えがお」 工藤 征子 様 (神奈川県・60代)

「おもい」 ももちゃん 様 (秋田県・60代)

「えがお」 園田 恭子 様 (新潟県・60代)


特別賞
(12名)

ファミリー賞 「おもい」 マキゴン 様 (埼玉県・30代)

ファミリー賞 「えがお」 ゆもっち 様 (埼玉県・30代)

ユーモア賞 「おもい」 kats様 (群馬県・30代)

ユーモア賞 「えがお」 ペコちゃん大好き 様 (北海道・50代)

スマイル賞 「えがお」 まーすけ 様 (埼玉県・30代)

素直な子供心賞 「おもい」 樋口 仁貴 様 (大阪府・10代未満)

愛情たっぷり賞 「えがお」 みわバーチャン 様 (福岡県・60代)

素敵な思い出賞 「えがお」 畠山 道子 様 (東京都・30代)

ちょっぴり切ない親心賞 「おもい」 ミモザ 様 (兵庫県・50代)

リズミカル賞 「おもい」 須佐 楓愛 様 (福島県・10代)

素敵な夫婦賞 「えがお」 みさひろ 様 (兵庫県・30代)

頑張れお父さん賞 「えがお」 せきとり 様 (三重県・40代)



★賞品の発送は2011年3月下旬を予定しております。
審査員 不二家ファミリー文化研究所研究員 10名
講評 審査委員長 吉岡 友紀子