ペコちゃんの森伝えていきたい自然 伝えていきたい家族の絆ペコちゃんの森とは?サイトマップ
  • ホーム
  • 森を育む活動
  • イベント
  • 投稿コーナー
  • 読み物
  • お楽しみ
  • イベント
  • 不二家キャラバン隊
  • イベント報告
  • イベント募集
  • 第6回ペコちゃんキッズアカデミー
過去のイベント報告
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
  • 2008年
  • 2007年
  • 2006年
  • 2005年
  • 2004年
  • 2003年
イベント報告 〜 不二家ファミリー文化研究所が参加するイベントなどをご報告します 〜
第6回 ペコちゃんキッズアカデミー
  • 1
  • 2
名称:
第6回ペコちゃんキッズアカデミー
実施日:
2016年4月5日(火)
会場:
埼玉県秩父郡横瀬町「小松レジャー農園」
参加人数:
親子10組・25名
主催:
株式会社不二家
 2016年4月5日。
 埼玉県秩父郡横瀬町にある、「小松沢レジャー農園」にて、「第6回ペコちゃんキッズアカデミー」が行われました。(以下「毎日小学生新聞2016年4月28日」に掲載された内容をご紹介します。)

餅つき
 イチゴ狩りやマス釣り、そば作りなどを体験しながら、身近な食について考え、自然の恵みに感謝する体験型イベント「第6回ペコちゃんキッズアカデミー」が5日、埼玉県横瀬町の「小松沢レジャー農園」で開かれました。
 自然豊かな環境の中で、25人の親子が盛りだくさんのプログラムに参加しました。

 きねと臼を使って順番に餅つきをしました。つきたての餅でイチゴとあんこを包み、イチゴ大福を作りました。
 大根おろしの辛み餅も振る舞われ、おいしいお餅を食べようと、次々参加者の手が伸びていました。
餅つきをペコちゃんが応援してくれました
餅つきをペコちゃんが応援してくれました
つきたてのお餅、おいしいね
つきたてのお餅、おいしいね
お餅でイチゴを包んで大福を作ります
お餅でイチゴを包んで大福を作ります
そば作り
 そば作りにも挑戦しました。そば粉をこねて薄くのばし、専用の包丁で細かく切るところまで全てやります。先生に教えてもらいながら、おいしくできるようにみんな一生懸命作りました。
 参加した池田雪希さんは、「包丁が重いのでまっすぐ切るのが難しかった」と話していました。
こねた生地をめん棒で延ばします こねた生地をめん棒で延ばします
こねた生地をめん棒で延ばします
そば切り包丁を使って細く切っていきます
そば切り包丁を使って細く切っていきます
昼ご飯はみんなで作ったおそばです
昼ご飯はみんなで作ったおそばです
  • 1
  • 2