ペコちゃんの森伝えていきたい自然 伝えていきたい家族の絆ペコちゃんの森とは?サイトマップ
  • ホーム
  • 森を育む活動
  • イベント
  • 投稿コーナー
  • 読み物
  • お楽しみ
  • 投稿コーナー
  • 募集メニュー
  • スマイル川柳
スマイル川柳第八弾 笑顔になれる場所
  • NEW
  • 第3回
  • 第2回
  • 第1回
スマイル川柳第七弾 元気の源 スマイル川柳第六弾 我が家のチャレンジャー! スマイル川柳第五弾 私の家族、ここがスゴイ! スマイル川柳第四弾 四季折々 笑顔ほころぶ家族との時間 スマイル川柳第三弾 家族にまつわる可笑しな話 スマイル川柳第二弾 家族の絆とスマイル スマイル川柳第一弾 笑顔に、愛がある
スマイル川柳~我が家のチャレンジャー!~ ~皆様よりいただいた「大会出場などの大きなチャレンジや、日常の小さなチャレンジ」にまつわる作品を紹介します~
第六弾 第4回 スマイル川柳 ~私が家のチャレンジャー!~

皆様より寄せられた「我が家のチャレンジャー!」をテーマにした「川柳」を、ご紹介しています。

さまざまな作品が寄せられた中、今回は以下の10作品をご紹介させていただきます。

限られた文字数の中で表現される、「思わず微笑んでしまうようなほっこりと温かい作品」や「ニヤリとさせられるシュールな作品」、「爆笑間違いなしのとにかく面白い作品」など、皆様からの心温まる作品が満載ですので、ぜひご覧ください。

応募期間:2020年5月24日~2020年6月24日

水着買う 泳げぬ母の 第一歩
宮のふみさん(栃木県・40代・女性)
作品にまつわるエピソード

泳げないのにどうして水着を買ったのか…本人は至極真面目に「これから泳げるようになるから」と言います。スイミングスクールを物色中で、チャレンジへのやる気は本物のようです。

英会話 頑張る祖父に 金メダル
くまちゃんさん(大阪府・70代・男性)
作品にまつわるエピソード

今年95才の父が、5年前、外国人から道を尋ねられて困ったことがありました。それからしばらくして、英会話の本を買ってきて自己流で勉強して、ちょっとした英会話ができるようになって、みんなびっくりしています。父は来年開催予定のオリンピックで外国の方たちと英会話したいなと言っています。その願いが叶うといいのですがね。

4歳児 走る電車を 追い抜かす!
やすよさん(兵庫県・30代・女性)
作品にまつわるエピソード

電車よりも速く走ることが子どもの夢で、電車が来るといつも走って追いかけています。もちろん追いつくはずがないのですが、ある日走っている電車が途中で速度を落としたことがありました。そしてついに電車を追い越すことに成功した子ども。夢が叶った子どもの笑顔はキラキラしていて、とっても素敵でした。

押しちゃダメ 僕がダメなら ママの手で
ひよっこタヌキさん(大阪府・30代・女性)
作品にまつわるエピソード

ボタンやスイッチが大好きな2歳の甥、エレベーターに乗った時に、ママから”押しちゃダメだよ”と言われて、グッと我慢していましたが。おもむろにママの手を取ってスイッチへ・・・。彼の柔軟な発想と諦めないチャレンジ精神に家族で思わず笑ってしまいました。

手話覚え いつか誰かの 役に立ち
やんちゃんさん(福島県・50代・女性)
作品にまつわるエピソード

母と一緒に知り合いの方に手話を習っています。いつか誰かの役に立てたら嬉しいと思います。

初挑戦 リモート飲みする おじいちゃん
かめ太郎さん(神奈川県・20代・女性)
作品にまつわるエピソード

ステイホーム中、スマホに挑戦してどんどんスキルアップしていました!

アニメキャラ マスクねだられ 初ミシン
にじのいろさん(宮崎県・40代・女性)
作品にまつわるエピソード

友達が人気のアニメキャラのマスクをしていて欲しいと息子にねだられて、苦手なミシンに初挑戦。やり出すと楽しくてハマってしまい、たくさん手作りマスクができて息子は大喜び。何でもやってみるものですね。

フリックも 知らない祖母の 初ライン
つべるさん(東京都・20代・女性)
作品にまつわるエピソード

自粛期間中新しいことにチャレンジしようと祖母がスマホに買い替えをしました。フリック入力も知らず一文字ずつゆっくりと文字打ちをして送られてきたラインに思わず感動。挑戦に年齢の限界は無いんだと教えてもらいました。

高齢に 負けずチャレンジ セルフレジ
ナンサンさん(神奈川県・70代・男性)
作品にまつわるエピソード

最近は、セルフレジを導入している店が増えてきました。高齢の私もセルフレジにチャレンジしています。あまり時間をかけていると、うしろの人が迷惑そうな顔をしています。

将来は お皿洗いの 店開く!
親バカちゃんさん(山口県・30代・女性)
作品にまつわるエピソード

5歳になった息子は保育園で使用したプラスチックのコップやお皿を自分で洗ってくれるようになったのでここぞとばかり誉めていたのですが、最近そのせいか息子の将来の夢が【お皿洗いやさん】になりました…。そんなお店はないのですが、目をキラキラさせて夢に向かって毎日せっせと洗ってくれる姿が微笑ましく、もしかしたら【お皿洗い屋】つくれるかも!?なんてこちらも夢をふくらませている毎日です。