ペコちゃんの森伝えていきたい自然 伝えていきたい家族の絆ペコちゃんの森とは?サイトマップ
  • ホーム
  • 森を育む活動
  • イベント
  • 投稿コーナー
  • 読み物
  • お楽しみ
  • 投稿コーナー
  • 募集メニュー
  • スマイル川柳
スマイル川柳第八弾 笑顔になれる場所
  • NEW
  • 第3回
  • 第2回
  • 第1回
スマイル川柳第七弾 元気の源 スマイル川柳第六弾 我が家のチャレンジャー! スマイル川柳第五弾 私の家族、ここがスゴイ! スマイル川柳第四弾 四季折々 笑顔ほころぶ家族との時間 スマイル川柳第三弾 家族にまつわる可笑しな話 スマイル川柳第二弾 家族の絆とスマイル スマイル川柳第一弾 笑顔に、愛がある
スマイル川柳~我が家のチャレンジャー!~ ~皆様よりいただいた「大会出場などの大きなチャレンジや、日常の小さなチャレンジ」にまつわる作品を紹介します~
第六弾 第7回 スマイル川柳 ~私が家のチャレンジャー!~

皆様より寄せられた「我が家のチャレンジャー!」をテーマにした「川柳」を、ご紹介しています。

さまざまな作品が寄せられた中、今回は以下の10作品をご紹介させていただきます。

限られた文字数の中で表現される、「思わず微笑んでしまうようなほっこりと温かい作品」や「ニヤリとさせられるシュールな作品」、「爆笑間違いなしのとにかく面白い作品」など、皆様からの心温まる作品が満載ですので、ぜひご覧ください。

応募期間:2020年8月25日~2020年9月24日

山登り 2歳、山頂 仁王立ち
かななさん(山口県・30代・女性)
作品にまつわるエピソード

うちには2歳の双子がいます。ちょっとした山登りにチャレンジした時、途中「抱っこ抱っこ」で、結局夫と1人ずつ抱っこして登りました。それでも子供たち的には達成感があったようで、クタクタな両親を尻目にドーンと構えて仁王立ち、満面の笑みでした。その様子を見て、疲れが吹き飛びました。

入れてみよう ぼくのポッケは 無限大
アップル保育園さん(大阪府・30代・女性)
作品にまつわるエピソード

甥のポケットには、石ころ、どんぐり、おもちゃスタンプなどいつもお気に入りが詰まっています。先日はメロンをポケットに入れようと一生懸命頑張っていましたが、小玉でもポケットには入らずおやつになりました。次は何が入るのか、密かに楽しみにしています。

傘ささず 水の呼吸に 挑んだ子
にじのいろさん(宮崎県・40代・女性)
作品にまつわるエピソード

ずぶ濡れで帰ってきた息子になぜ傘をささなかったのか聞いたら、人気アニメの技「水の呼吸」を習得しようとしてたとの答え。怒るべきなのか笑うべきなのか。

いざ共演! 古稀と百寿の ハンバーグ
サッチャーさん(埼玉県・50代・女性)
作品にまつわるエピソード

うちのお婆ちゃん達は協力してハンバーグ作りに挑戦。なんともたくましい!

母の味 真似てもだせず あと何歩
あきまるさん(神奈川県・40代・女性)
作品にまつわるエピソード

一生懸命、大好きな母の料理の味を再現しようと日々挑戦していますが、味わいに何かが足りません。母と一緒に何度も作った料理でもやはり駄目ですね。あの母の味を出せるには、あとどの位かかるのかな?

「さばさばく!」 次はきれいに 「さばきたい!」(サバ期待)
ねおんてとらさん(東京都・40代・女性)
作品にまつわるエピソード

長男が、「サバをさばきたい。」というのでやらせてみたら、サバは、むざんなかたちに。次回に期待しています。きっとサバもそう思っているはず。ちなみに、ボロボロのサバも、おいしく味噌煮でいただきました。

自転車に 乗れたんだけど 止まれない
ほり・たんさん(千葉県・40代・男性)
作品にまつわるエピソード

小さい頃に父親から、自転車の補助輪を外す試験(?)を受けた時のこと。勢いよく漕ぎ出して問題無く走れたのですが、残念ながら上手く止まれなくて転んでしまい不合格に。今となっては懐かしい思い出です(苦笑)

笑わせる はずの落語で 笑われる
やじろべーさん(千葉県・50代・男性)
作品にまつわるエピソード

落語が好きで覚えた噺を家族に聞かせたものの結果は散々でした。

寝坊助の 孫アサガオに 挑戦状
おーさんさん(新潟県・70代・男性)
作品にまつわるエピソード

孫が目覚めるといつもきれいに咲いているアサガオ。それを見て孫が明日は絶対に負けないように早起きをするからとアサガオに挑戦する様子を詠んだ。

相撲して 孫に投げられ ジム通い
花キャベツさん(埼玉県・70代・男性)
作品にまつわるエピソード

孫が3歳の頃から遊びで相撲をよくしてきたが適当に手心をして勝ったり、時には負けて孫を喜ばせていた。6年生になり久し振りに相撲をしようと言ってきたので取ったが大変力強くなっていた、これでは近々負けるとジムに通い出したのです。