ペコちゃんの森伝えていきたい自然 伝えていきたい家族の絆ペコちゃんの森とは?サイトマップ
  • ホーム
  • 森を育む活動
  • イベント
  • 投稿コーナー
  • 読み物
  • お楽しみ
  • イベント
  • 不二家キャラバン隊
  • イベント報告
  • イベント募集
  • NEW
  • 第7回ペコちゃんキッズアカデミー
  • 第6回ペコちゃんキッズアカデミー
過去のイベント報告
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
〜 イベント報告 不二家ファミリー文化研究所が参加するイベントなどをご報告します 〜
第7回 ペコちゃんキッズアカデミー
  • 1
  • 2
名称:
第7回ペコちゃんキッズアカデミー
実施日:
2017年4月4日(火)
会場:
神奈川県立 花と緑のふれあいセンター
「花菜(かな)ガーデン」
参加人数:
親子9組・19名
主催:
株式会社不二家
クッキーとチョコを手作り
親子19人がオリジナル菓子体験
 親子でお菓子を作り、家族の絆を深める「第7回ペコちゃんキッズアカデミー」(不二家ファミリー文化研究所主催)が4月4日、神奈川県平塚市の神奈川県立花と緑のふれあいセンター「花菜(かな)ガーデン」でありました。春の日差しに包まれた会場で、親子19人がオリジナルクッキーやチョコレート作リを楽しみました。
オリジナル「カントリーマアム」作り
世界で一つのクッキー
 不二家が1984年に発売したクッキー「カントリーマアム」を作って飾リつける体験をしました。商品開発部の伊藤綾子(いとう・あやこ)さんは「外はさっくり、中はしっとりするように、硬さの違う2種類の生地を使います」と説明します。
 参加者は、硬めの生地を親指でのばした後、軟らかい生地を包み、俵形に形を整えます。上にチョコチップやドライフルーツ、ナッツなどを飾り、オリジナルクッキーを作りました。コーンフレークをトッピングした小学3年の野島望花(のじま・みか)さんは、「生地を包むのが大変。中身がはみ出さないようにしました」と話しました。焼きたてのクッキーを手にした子どもたちは「思ったよりもきれいにできた」と喜んでいました。
講師の伊藤綾子(いとう・あやこ)さん(左)から「外側は薄く、中心は厚めにのばしましょう」と教わり、親子で生地をのばします
講師の伊藤綾子(いとう・あやこ)さん(左)から「外側は薄く、中心は厚めにのばしましょう」と教わり、親子で生地をのばします
お父さんとお母さんに見守られ、真剣な表情で作ります
お父さんとお母さんに見守られ、
真剣な表情で作ります
成形した生地にナッツやチョコレートをのせて、オリジナルアレンジ
成形した生地にナッツやチョコレートをのせて、
オリジナルアレンジ
カラフルなオリジナルクッキーの完成後、ラッピングしました
カラフルなオリジナルクッキーの完成後、
ラッピングしました
きょうだいで協力して作ったクッキーを見て「食べるのが楽しみだね」
きょうだいで協力して作ったクッキーを見て「食べるのが楽しみだね」
  • 1
  • 2