ペコちゃんの森伝えていきたい自然 伝えていきたい家族の絆ペコちゃんの森とは?サイトマップ
  • ホーム
  • 森を育む活動
  • イベント
  • 投稿コーナー
  • 読み物
  • お楽しみ
  • 読み物
  • 世界の暮らしインタビュー
  • 調査レポート
  • 食の歳時記
海外旅行を通して見た世界と日本の文化に関する調査レポート 2021年8月調査
  • NEW
  • 海外旅行の観光地A
  • 海外旅行の観光地@
  • 海外旅行のコミュニケーション
  • 海外旅行先のお土産
  • 海外旅行先のお店
  • 海外旅行の交通事情
  • 海外旅行の食事A
  • 海外旅行の食事@
  • 海外旅行の宿泊先
  • 海外旅行の安全
  • 海外旅行の行き先
  • 調査概要
    「日本の各地域の人々の暮らし」に関する調査レポート 2020年4月調査 「家族と日々の暮らし2」に関する調査レポート 2019年4月調査 「家族と日々の暮らし」に関する調査レポート 2018年3月調査 「家族で過ごす日本の四季と文化」に関する調査レポート 2017年3月調査 「家族(親族)」に関する調査レポート
    「家族(親族)」に関する調査レポート
    「家族(家庭)」に関する調査レポート
    日本の季節と文化に関する調査とレポート

    日本の各地域の人々の暮らし 第15回 郷土料理B(番外編) 2021年6月更新

     このコンテンツでは、不二家ファミリー文化研究所が独自に行った、さまざまなアンケート調査の結果を、毎月皆さんにお届けしています。
     今回不二家ファミリー文化研究所が行ったのは、30代〜50代の既婚女性200名※を対象とした「日本の各地域の人々の暮らし」に関するアンケート。みなさんが過ごした地域の特色や暮らしから見える日本に暮らす人々の「習慣」や「文化」などを調査結果とともに紹介していきます。
     第15回は、「郷土料理B」です。今回は、番外編として定番料理の食材や使用する調味料について聞いてみました。
    ※200名:地元(3歳〜18歳まで過ごした地域)47都道府県から4〜5人

    Q1地元で赤飯を食べたことはありますか? 円・棒グラフ

     はじめに、みなさんに地元の赤飯について聞いてみました。「地元で赤飯を食べたことはありますか?」と聞いてみたところ、86%の方があると回答しました。
     地元で赤飯を食べたことはあると回答した方の割合を地方ごとに見てみると、「北陸・中部地方」の方がもっとも多く92%でした。一番少ない地域が「九州・沖縄地方」79%でしたが、全体での大きな差はないようです。
     次に赤飯に欠かせない「豆」について聞いてみました。

    Q2【赤飯を食べたことがある方】赤飯に入っている豆の種類は何ですか。 棒グラフ 枠

    ※()内 回答者の地元都道府県

    ・甘納豆を入れる。(北海道)
    ・小豆と味付けに砂糖を入れる。(青森)
    小豆と紅しょうがを入れます。(青森)
    ・てんこ豆のみ。もち米100%か、もち米:白米=2:1。最後にごま塩をふる。(秋田)
    ・小豆、赤飯自体に味付けはしないでごま塩をふって食べる。(栃木)
    しょうゆ味です。豆は金時豆です。 (新潟)
    ・ささげ豆を甘く煮たもの。(富山)
    色付けは食紅。甘納豆入り。(山梨)
    ・今は小豆の普通の赤飯ばかりですが、もともとは甘い金時豆の入った赤飯です。(静岡)
    ・小豆ともち米を炊いたもので黒ごま塩をかけて食べる。(奈良)
    小豆を入れる。季節によっては栗も入れます。(佐賀)

    枠

     赤飯に入っている豆の種類について聞いたところ、「小豆」が68%と圧倒的に多く、次いで「ささげ」6%、「甘納豆」3%と続いています。
     こちらも地域別で見てみると、全体的に小豆はどの地域でも一番多く、その中でも「中国・四国地方」が89%と一番多い回答でした。豆の種類を見ると、「北海道・東北地方」、「北陸・中部地方」では、ささげ、甘納豆などさまざまな種類が挙がりました。
     また、回答の中には豆以外の具材についての記述もあり、「紅しょうが」や「色付けは食紅」、「季節によっては栗」のような豆以外の具材も挙がっていました。
     次に、定番の料理、食材を食べる時にどんな調味料を使うか聞いてみました。

    Q3目玉焼きを食べる時の調味料は何ですか? 棒グラフ

     「目玉焼き」は、どの地域も「しょうゆ」が圧倒的に多く、次点は「塩」となっています。地域別に見てみると、北陸・中部地方では「ソース」が、近畿地方では「だししょうゆ」の割合がほかの地域と比べると若干多いようです。

    Q4納豆を食べる時の調味料は何ですか? 棒グラフ

     「納豆」は、「しょうゆ」と「だししょうゆ」を使う方が多いようです。関東地方では「しょうゆ」の割合がかなり多いのに対し、近畿地方、九州・沖縄地方では「だししょうゆ」が逆転しています。また、北陸・中部地方より西側は「食べない」と回答した方が複数いました。

    Q5天ぷらを食べる時の調味料は何ですか? 棒グラフ

     「天ぷら」は、どの地域も1位に「天つゆ」、2位には「塩」がランクインしています。また、北陸・中部地方より西側では「ソース」という回答が散見され、九州・沖縄地方では、ほかの地域ではほとんど見られなかった「ポン酢」という回答が複数挙がっています。

    Q6トンカツを食べる時の調味料は何ですか? 棒グラフ

     「トンカツ」は、どの地域でも「ソース」が圧倒的に多く使われているようですが、北陸・中部地方、近畿地方で「みそ」という回答が見受けられました。

    Q6肉まんを食べる時の調味料は何ですか? 棒グラフ

     「肉まん」は、どの地域でも「何もつけない」方が最も多いものの、近畿地方より西側では調味料を使う割合が多いようです。また、近畿地方では「ソース」の割合がほかの地域に比べとても多いのが特徴です。

     「郷土料理B」の調査をお届けしました。
     今回は具体的な料理の材料や定番料理に使用する調味料について伺ってみましたが、それぞれの地域で、これが「赤飯」、この料理を食べる時にはこれを使うなど当たり前だと思っていたことが少し違っていたりしたのではないでしょうか?
     同じ料理の話をしていても実は味付けが甘い、しょっぱいや今回の調査のように豆は豆でも小豆ではなく甘納豆を使っているなど、違いがあるのは面白いですね。
     自分にとっての定番は他の人にとってはどうでしょうか?そんな話をしてみると新しい発見があるかもしれません。

     次回は「結婚式」についてお届けします。お楽しみに。