ペコちゃんの森伝えていきたい自然 伝えていきたい家族の絆ペコちゃんの森とは?サイトマップ
  • ホーム
  • 森を育む活動
  • イベント
  • 投稿コーナー
  • 読み物
  • お楽しみ
  • 読み物
  • 世界の暮らしインタビュー
  • 調査レポート
  • 食の歳時記
海外旅行を通して見た世界と日本の文化に関する調査レポート 2021年8月調査
  • NEW
  • 海外旅行の観光地A
  • 海外旅行の観光地@
  • 海外旅行のコミュニケーション
  • 海外旅行先のお土産
  • 海外旅行先のお店
  • 海外旅行の交通事情
  • 海外旅行の食事A
  • 海外旅行の食事@
  • 海外旅行の宿泊先
  • 海外旅行の安全
  • 海外旅行の行き先
  • 調査概要
    「日本の各地域の人々の暮らし」に関する調査レポート 2020年4月調査 「家族と日々の暮らし2」に関する調査レポート 2019年4月調査 「家族と日々の暮らし」に関する調査レポート 2018年3月調査 「家族で過ごす日本の四季と文化」に関する調査レポート 2017年3月調査 「家族(親族)」に関する調査レポート
    「家族(親族)」に関する調査レポート
    「家族(家庭)」に関する調査レポート
    日本の季節と文化に関する調査とレポート

    海外旅行を通して見た世界と日本の文化 第3回 海外旅行の宿泊先 2021年10月更新

     このコンテンツでは、不二家ファミリー文化研究所が独自に行った、さまざまなアンケート調査の結果を、毎月皆さんにお届けしています。
     今回不二家ファミリー文化研究所が行ったのは、海外旅行へ2ヶ国以上行ったことのある18歳以上の200名を対象とした海外旅行での経験を通して知った世界と日本の文化に関するアンケート。皆さんが海外旅行で経験した国の特色や、その暮らしから見えてきた世界各地の「習慣」や「文化」などを調査結果とともに紹介していきます。
     第3回は、「海外旅行の宿泊先」です。

    Q1海外旅行ではどこに泊まりますか? 棒グラフ

     最初にみなさんに、海外旅行ではどこに泊まるか聞いてみたところ、「ホテル」98%とほとんどの方が回答しました。続いて「知人の家」10%、「コンドミニアム」9%、「ゲストハウス」8%と宿泊先の選択の幅が広がってきていますが、ホテルを利用する方が多数派のようです。

    Q2宿泊場所を決めるポイントは何ですか? 棒グラフ

     次に宿泊場所を決めるポイントについて聞いてみたところ、最も多かったのは、「治安が良い」66%でした。
     僅差で続いたのは、「立地」62%です。交通事情などは事前に把握できない場合もあるので、できるだけ目的地や駅などに近い方が便利で安心ですね。
     次に宿泊に関して、「ここを選んで良かった」と感じたことはあるか聞いてみました。

    Q3宿泊に関して、「ここを選んで良かった」と感じたことはありますか? 円グラフ 棒グラフ
    • 【施設】※()内 国(一部地域を含む):地域/年齢
    • 泊まったホテルは、別荘風で独立性が保たれ、朝食もほぼプライベート空間で豊富なメニューを楽しめた。(スペイン/67歳)
    • 利用したホテルがまるで天国みたいな綺麗な場所だった。(アメリカ:カウアイ島/49歳)
    • 泊まったホテルは、廊下なども良い雰囲気に装飾され、ビーチまですぐで本当に良かった。ラウンジも利用できて、幸せな気分を味わえた。(インドネシア:バリ/45歳)
    • ホテルのプランのグレードをあげたおかげで、トイレに紙を流すことができた。(ギリシャ/35歳)
    • ホテルでハマムに入れたことが良かった。(トルコ/75歳)
    • 空調が気持ち良く、館内の掲示板表示が日本語で記載されているため不自由しなかった。(アメリカ:ハワイ/32歳)
    • 【サービス】
    • 泊まったホテルは日本語が通じるスタッフが常駐しており、Wi-Fiが繋がらない時などすぐに対応してもらえた。(アメリカ:サイパン/46歳)
    • 利用したホテルはベビーカーの貸し出しがあって便利だった。(台湾:台北/33歳)
    • 日本系列のホテルに泊まったら、日本と一緒で気楽に過ごせた。(韓国/47歳)
    • ホテルは海が目の前にあり、広々としていた。日本人スタッフもいて、何かあった時は対応してもらえた。(アメリカ:サイパン/28歳)
    • 【食事】
    • いろいろな都市のホテルに宿泊したが、どこも朝食はバイキングだったが、特にパンとフルーツがおいしかった。(イタリア/65歳)
    • ホテルのレストランが地元の食材を使用していて、すごくおいしかった。(オーストラリア/31歳)
    • ホテルのパンがめっっっっちゃおいしかった。(スリランカ/21歳)
    • リゾートホテルの朝食バイキングがおいしくて豪華で最高だった。(ベトナム:ダナン/27歳)
    • 【立地】
    • ハンガリーのホテルは、部屋が綺麗で電車の駅が近く立地も良かった。フランスのホテルは、ショッピングセンターの隣で、買い物に便利で値段も安かった。(ハンガリー:ブダペスト、フランス/63歳)
    • メインストリートに面しており、買い物や観光に便利だった。(アメリカ:ハワイ/35歳)
    • 海に面していて崖を降りてそのまま海に入れて面白かった。(イタリア:ラパッロ/47歳)
    • 湖沿いのホテルはレストランも近くにあり、徒歩で観光できるところも多かった。3泊したが時間が足りなかった。(ニュージーランド:クインズタウン/58歳)
    • 【景観】
    • ドゥオモ(大聖堂や教会のこと)のすぐ近くで、素晴らしい眺望だった。またインテリアもクラシックで雰囲気があって、異国情緒を満喫した。(イタリア:フィレンツェ)/66歳)
    • マリーナベイサンズは高いけど部屋から見る眺望もすごく良かったし、最上階のプールは特別な場所にいる感じがしてとても良かった。(シンガポール/42歳)
    • 泊まったホテルがとても広く、景色が最高だった。朝食を食べながら見えた海と城とカプリ島の島影が忘れられない。(イタリア:ナポリ/34歳)
    • 【その他】
    • 若い頃はホームステイ、中年になってからはファームステイ(農家での宿泊)。現地の人々の考え方、生活様式を学び、人との交流を楽しめた。 (アメリカ、フランス、スイス、ニュージーランド/73歳)
    • 泊まったホテルの向かいが民家で、窓から子供が顔を出していたので筆談でコミュニュケーションをとって仲良くなった。(ドイツ/32歳)
    • ホームステイで、複数の日本人が泊まっているため、情報交換の機会になったり、仲良くなり一緒に観光できて心強かった。(インド/33歳)
    • 学生の頃に泊まったヨーロッパの安宿は、多国籍の人が集っており楽しかった。(ヨーロッパ/45歳)
    • 宿泊はツアーでの申込であったのでどこも安心して宿泊できた。(アメリカ、スイス/42歳)
    • 洞窟ホテルは、非日常感が出ていて良かった。(トルコ/38歳)
    • ポサーダと呼ばれるホテルに泊まりました。元は城、王宮や修道院など歴史ある建物を現代風に改装したホテルで、利用した2箇所とも豪華な佇まいにうっとりしました。とてつもない高い宿泊費でないのも魅力。(ポルトガル:ポルト、リスボン/60歳)
    • 現地風の建物で良かった。(チリ:イースター島/72歳)
    枠

     宿泊に関して「ここを選んで良かった」と感じたことがあるか聞いてみたところ、56%の方が「ある」と回答しました。「ある」と回答した方に、「良かった」と感じたポイントを具体的に聞いてみました。
     多かったのは、「施設」や「サービス」に関する内容でした。
     詳しく見てみると、「まるで天国みたいな綺麗な場所」「廊下など良い雰囲気」などの内装や、「トイレに紙を流せる」「空調が気持ち良い」など部屋の設備についてでした。トイレに関しては、紙を流せる国、流せない国とあるので、気になる方はあらかじめチェックしておくと良いですね。
     次点は「サービス」に関することでした。「日本語が通じるスタッフ」「ベビーカーの貸し出し」など、いざという時に頼れる実用的なサービスがあると安心ですね。
     次に、「宿泊に関する困ったことや失敗談」について聞いてみました。

    Q4宿泊に関する困ったことや失敗談はありますか? 円グラフ 棒グラフ
    • 【構造】※()内 国(一部地域を含む):地域/年齢
    • 階段が多くて足が痛くなり困った。(ギリシャ/75歳)
    • バスルームが広すぎて落ち着かず。2泊の予定をくりあげて1泊は、市内のホテルに変更。(台湾:台北/68歳)
    • 古城を利用したホテルは、まるで迷路のような広すぎるホテルで迷子になりそうになりました。(カナダ:バンフ)/56歳)
    • 部屋に窓がなく、眺望もなく、一人で高山病に苦しんだ。(ペルー/33歳)
    • 部屋の外に冷凍庫があり、夜中ずっと音に悩まされた。(アメリカ:ナイアガラフォールズ/47歳)
    • 部屋とお風呂の間に段差がなかったため、お風呂からお湯が溢れて床が大洪水になってしまった。(韓国:ソウル/56歳)
    • 【風呂】
    • 泊まったホテルのシャワーがベランダにあり、水しか出なかった。(タイ:バンコク/49歳)
    • ベタだがお湯が全然出ず水の勢いもなかった。(フランス:ニース/32歳)
    • シャワーでお湯がでてこなくて水のシャワーを浴びるはめになり、とても寒くて困った。(ペルー:クスコ/47歳)
    • ハワイではアメニティがなかったので、事前に確認しておけば良かったのと、シャワーの使い方が特殊で、最初わからなかった。(アメリカ:ハワイ/30歳)
    • 【生き物】
    • カンボジアの宿で窓にトッケイヤモリが張り付いていて同伴者の女性がひどく嫌がっていた。私はヤモリが好きだったからよかったが、体に落ちてきたりしたらさすがに嫌だったとは思う。(カンボジア/27歳)
    • 睡眠中にに瞼を刺されて翌日すごい顔になってしまった。(タイ:プーケット/45歳)
    • 大量のカニが宿泊施設の中にまで押し寄せてきて一日中不安だった。(アメリカ:グアム/21歳)
    • 【その他】
    • 部屋のトイレが使用し始めてすぐ詰まった。(エジプト/35歳)
    • 男性用のトイレが高く背伸びをして用を足さないといけなかったのでそれが不自由でした。(フィンランド/32歳)
    • 2度目のハワイではコンドミニアムを借りたが、結局キッチンを使うほど料理をする時間もなかったのでホテルでも良かったかと思った。(アメリカ:ハワイ/73歳)
    • ホテルの場所が分かりにくく、辿り着くまでに時間がかかった。(ドイツ/25歳)
    • 掃除が行き届いておらず、衛生面が不安だった。(台湾/31歳)
    • とても豪華なホテルに泊まったが、飛行機の関係で着いたのが夜の11時過ぎ、出発が朝5時と言われ、仮眠しかできなかった。これで一泊の料金。(台湾:花蓮/65歳)
    • 安いホテルに泊まったら広東語訛りの英語で全く聞き取れず最後は筆談で事なきを得た。今となっては良い思い出。(香港/38歳)
    • 預けていたキャリーケースの扱いがずさんで泥だらけだった。(インドネシア/31歳)
    • そこそこ大きなホテルで食事も部屋も良かったのですが両替ができなくて焦ったことがあります。(アメリカ:サンフランシスコ/70歳)
    • 古いホテルでエアコンがなかった。通常はなくても問題ないが、異常に暑い日だったため急遽ホテルを変えた。(イギリス:ロンドン/31歳)
    • ホームステイをした時、ホストファミリーの作る料理が口に合わず食べるのがしんどかった。コンビニやファストフードで買い食いするようになり太った。(イギリス:ロンドン、マンチェスター/37歳)
    • 停電で、到着後すぐに部屋には入れなかった。待っている間にデザートが出て、かえって得した気もしますが。(マレーシア:クアラルンプール/47歳)
    • 冷蔵庫が故障していた。(インドネシア:バリ/66歳)
    枠

     宿泊に関する困ったことや失敗談があるか聞いてみたところ、39%の方が「ある」と回答しました。
     「ある」と回答した方に詳しく聞いてみたところ、最も多かったのが建物の「構造」についての失敗談でした。「階段が多い」「部屋の外に冷凍庫」のような小さなことでも、連泊するケースが多い海外旅行の場合はかなりのストレスとなってしまうようです。
     次に多かったのが「風呂」に関するトラブルで、特に「水しか出なかった」という回答は複数寄せられています。温暖な地域でも辛いですが、寒い地域に旅行された方は大変な思いをされたことでしょう。
     3位は「生き物」に関する内容でした。「睡眠中に蚊に瞼を刺された」というのは明らかにトラブルですが、「窓にトッケイヤモリが張り付いた」や「大量のカニが宿泊施設の中に押し寄せた」は、その国の自然を体験できたという意味では幸運だったのかもしれません。

     今回は「海外旅行の宿泊先」についての調査をお届けしました。
     今回の調査では、ほとんどの方が宿泊先として「ホテル」を選んでおり、長期滞在に便利な「コンドミニアム」や、安価で利用できてほかの旅行者とも交流を持てる「ゲストハウス」などを利用する方はかなり少数という結果になりました。
     ツアーに組み込まれていることが多いホテルは安心感がありますが、例えば「バケーションレンタル」という言葉で検索してみると、素敵なグランピング施設やログハウス、お城、農場など、実はたくさんの選択肢があることに気付かされます。普通の旅行に飽きてしまったら、いつもとは別の視点で探してみると面白いかもしれません。

     次回は「海外旅行の食事@」についてお届けします。お楽しみに。